Firefoxが起動しなくなった!

Windows

サブブラウザとして利用していたFirefoxが突然
以下の画面が表示されるとともに起動しなく
なってしまいました。

先日、Windows10のディスククリーンアップで
いろいろ不要と思われるデータを削除してしまった
のがいけなかったのでしょうか?
とりあえず、復旧策をいろいろ調べて対応して
みましたので、まとめてみました。

画面の指示に従ってみる

「既存のFirefoxプロセスを終了させろ」という
メッセージが表示されていたので、その通りに
してみることにしました。

タスクマネージャを立ち上げてプロセスを確認
してみましたが、Firefoxのプロセスが存在
しません。
関連してそうな他ブラウザのプロセスを終了
してみても効果はありませんでした。

AppDataフォルダの復旧

次にディスククリーンアップで削除したと思われる
AppDataフォルダを復旧させることを試してみます。

Windows10のユーザフォルダ配下のAppDataフォルダを
開きます。
ユーザフォルダへ行っても表示されないので、
直接入力します。
フォルダのパスは、
「C:\Users\ユーザ名\AppData」
となります。
そこで、右クリックをしてプロパティを表示させ、
以前のバージョンタブで前のデータを復旧させ
ようとしましたが、以前のバージョンで保存されて
いませんでした。
これもディスククリーンアップで削除してしまった
のでしょうか?(>_<)

AppDataの隠しファイルのチェックを外す

先日よりデスクトップのアイコンが上手く整列
出来ないという不具合があり、その対応過程で
AppDataの隠しファイルを表示されるように
チェックを入れていました。

このチェックを外して元に戻すと、いつの間にか
無くなっていたLocalLowフォルダと
Roamingフォルダが復活しました。
隠しフォルダの設定を配下ファイル全てに適用
するのに時間がかかるのですが、

その処理が終わってFirefoxを起動するとちゃんと
立ち上がりました!

Lunascapeにも不具合が

実は他のブラウザとしてLunascapeも使って
いるのですが、こちらもRoamingフォルダの
設定ファイルに保存ができないという不具合で
正常動作できなくなっていました。
AppDataの隠しフォルダ設定を外すことにより
Roamingフォルダも復活し、Lunascapeも
正常動作すると思われます。

まとめ

普通は隠しファイルを表示させるようにすると
表示されるフォルダやファイルが増えると思う
のですが、逆に必要なフォルダやファイルが消えて
しまって、アプリケーションからも読めなくなって
上手く動作しなくなるとは思いもよりませんでした。
こういうWindowsの仕様はどうなのかと思いますが・・・
かなりのレアケースだと思いますが、みなさんも
気を付けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました