SBI証券の単元未満株で株主優待を安くゲット♪

資産運用

以前は某航空会社や電力会社の株を売買したり
するなどしていましたが、現在の貧乏生活に
突入するにあたり全て処分してしまって、それ以来
株式売買とは縁遠い生活をしていました。
しかし、株式売買の単位以下でも売買が出来る
単元未満株というものがあり、いくつかの企業では
単元未満株でも株主優待等のサービスを受けることが
出来るようなのです。
そこで、単元未満株でお得に株主優待をゲットする方法と
その対象とする企業についてまとめてみました。

単元未満株とは?

通常、株式を売買する際には単位という概念があります。
額が高い(10万円以上とか)株については1株単位で売買
出来ることが多いですが、比較的安い株についてはまとめて
100株とか1000株とか売買単位に従って売買しないといけません。
例えば、1株100円でも売買単位が1000株だったら取引に
10万円が必要なことになります。
このことは初心者や予算が少ない方にとってはなかなか
ハードルが高いことから、いくつかの証券会社が安い株でも
1株単位で取引できるようにしているのです。

取り扱っている証券会社

単元未満株を扱っている証券会社はいくつかあります。
いくつか以下にまとめてみました。

・SBI証券:サービス名「S株」
・マネックス証券:サービス名「ワン株」
・カブドットコム証券:サービス名「プチ株」
・野村證券:サービス名「まめ株」
・大和証券:サービス名「ミニ株」

それぞれ手数料など条件が異なってきますが、
必要とする資金は少なく株式売買をすることが可能です。

SBI証券で単元未満株を購入するには

私はSBI証券の口座を持っていたため、SBI証券のS株という
サービスを利用することにしました。
S株の取引は売買代金の0.5%の手数料がかかりますが、
最低手数料は50円となっています。
単元未満株は値段が安いことが多いので、ほぼ50円の
手数料がかかると思ってください。
取引時間についても通常の株式市場とは違います。
通常の株式売買ではリアルタイムですぐに購入することも
可能なのですが、S株では基本的に翌営業日の初値での
購入となります。
一時的に確保される購入のための資金も
実際のS株の値段よりも多くなってしまいます。
そのため、口座には若干多めの金額を入れておくことが
確実に取引するために必要だと思います。

単元未満株で株主優待を受けることが出来る企業

いくつか単元未満株で株主優待を受けることが出来る
企業は合ったのですが、ここは私の独断と偏見で
お得だと思った企業を記載してます。

・いちご:1株408円:Jリーグの観戦チケット(抽選)
・上新電機:1株2169円:お買物券5000円
・日本テレビHD:1株1478円:展覧会入場券等
※株価、株主優待は2020年2月現在

私が購入したのは
結果的に私が購入したのは、以下の株になります。

・日本テレビホールディングス
・上新電機

株主優待は自分で利用したいと思っていますが、
利用できなければヤフオクやメルカリで売って
お小遣いに出来るので、お得だと思います。

まとめ

以前の普通に株式売買をしていることは大金を動かして
いることもあり、必要な時に資金が動かしにくいなどの
問題がありました。
単元未満株だとかなり安く済むので、ほぼ放置で
株を保有できるので、安心かつ便利だと思います。
株取引初心者にはぜひおすすめしたいですね^^/

コメント

タイトルとURLをコピーしました