ServermanLTEで出来ることをまとめました

ServermanLTE 携帯電話

現在、自宅のインターネット回線をワイモバイル
テザリングに1本化しようと思っていて、いろいろ
調べています。
その補助回線としてServermanLTEを契約しました。
使ってみていろいろと出来ることや出来ないことが
分かりましたので、まとめてみました。

主なSIMの内容

・月600円で500kbpsの通信が無制限で可能
・ドコモMVNOのため、エリアはドコモ相当。
・契約手数料は3000円。
・SMSや050通話オプションあり。

運用方法

最初は手持ちのSO-05Dに差して使おうとしたの
ですが、どうしてもテザリングが上手くいかず、
あきらめて手持ちのSIMフリールータ「504HW」に
設置して使っています。
504HWはワイモバイルのルータで基本ソフトバンク
エリア用ですが、ドコモと共通のバンド1が利用
可能なので、そこで通信してるのではないかと
思っています。

実際の速度

スピードテスト等のサイトで測定すると実測で
100kbps~200kbps程度しか出ません。
公表値よりかなり低いです。
詐欺かと思ってしまうレベルです。
ですが、一部のサイトや動画ではそれを
上回るレベルで非常にスムーズに動く場合があり、
なかなかくせがあるなと思っています。
こればっかりは実際に契約してみて、自分が
使っているサービスを試してみないと
分かりません^^;

主な時間帯別速度

時間帯別の速度ですが、大まかですが、以下の
ようになります。
当方の測定環境に寄りますので、あくまでご参考
までにお願いします。
また、下記の測定時間内でも極端に早かったり、
遅かったりがあります。
あくまで体感的な平均値とご理解いただければ
ありがたいです。

ダウンロード:
早朝(午前7時以前):500kbps~数Mbps
午前(午前7時~午前11時):100kbps~500kbps
午後(午前11時~午後7時):100kbps~300kbps
夜間(午後7時~午後10時):400kbps~1Mbps
深夜(午後10時以降):500kbps~数Mbps

アップロード:一日通して数Mbps。早朝だと
数十Mbps出ることもあり。

以下に計測結果の画像を一部掲載しています。
ご参考にされてください。

6時4分

9時20分

10時6分

12時38分

13時57分

16時19分

17時24分

20時24分

22時28分

出来ること・出来ないこと

上記の速度を踏まえて、実際に出来ることと
出来ないことを以下にまとめてみました。

日中に出来ること
・音楽再生(少し反応が遅くなる)
・インターネットブラウジング

早朝・深夜に出来ること
・音楽再生
・インターネットブラウジング
・動画鑑賞
・一部Google Play等のダウンロード

一日を通して出来ないこと
・YouTube等の動画再生

追記事項

この情報は2020年3月段階での情報です。
契約するにあたりこちらのサイトを参考に
したのですが、いろいろ変わっているみたいで、
出来ることと出来ないことがありました。
また、他の方の情報だと早朝時間帯であれば、
Windows Update等のダウンロードも可能なようです。

まとめ

基本、公表値よりかなり低めの速度なので、
ほとんどの人におススメしないです^^;
アップロードだけはかなり早いので、写真や
動画データなど重めのファイルを頻繁にアップ
ロードする方などにもおススメかなと思います。
私は音楽再生専用として使えるかなとも思って
いましたが、その音楽再生もスムーズに再生
出来ないことが多かったため、今月末で
解約することになりました。
解約に伴う違約金が発生しないところはいい
ところかもしれませんね^^/
結局、あくまでMVNOでベストエフォートなので、
その辺を覚悟したうえで使う必要があるかと
思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました